コンサルティング会社の7つのブランディングアイデア

こんにちは。木下賢一です。

ブランドが曖昧であれば、最初から競争上の不利な状況に陥ります。サービスが進化し、市場が変化するにつれ、ブランディングを継続的に見直し、自社の目標や業界の実情に合ったものにしなければなりません。

そこで今回は、正しい方法でブランドを形成する方法として、コンサルティング会社の7つのブランディングアイデアをご紹介します。

コンサルティング会社の7つのブランディングアイデア

1. 自分の分野特有の課題を理解する

コンサルティングプラクティスをブランディングすることは、他の多くの種類のプロフェッショナルサービスをブランディングすることとは大きく異なります。それには、独自の課題があります。

課題の中でも特に重要なのは、オーディエンスの多くが、あなたが何をしているのか、少なくともデフォルトではあまり知らないかもしれないという事実です。ほとんどの人は、法律事務所や会計事務所が何をしているのかをある程度知っています。しかし、経営コンサルタントは、サービスの種類が全く異なることが多く、それらのサービスがどのようなものであるかについての一般的な文化的認知度が低いのが現状です。

よって、コンサルティング会社はマーケティングや事業開発に多くの時間を費やす必要があります。一般的には、専門知識やアドバイスを売りにしているので、どのようなアドバイスや専門知識を提供しているのかを聴衆に理解してもらうことが重要です。

2. 何があなたのブランドを構成しているのか

そもそもブランドが何であるかを知らなければ、ブランドを構築するのは難しいといえます。 ビジネスのブランド化やリブランディングを行う際には、ブランドは漠然としたものや不明確なものではないことを覚えておく必要があります。 実際には、方程式で表すことができるほど具体的で定量的なものです。

ブランド = 評判 x 知名度

あなたの経営コンサルティング会社のための肯定的な評判は、2つの形で現れます。 人々は「大きい会社」として捉えるか、「専門会社」として捉えるかです。専門知識に基づいた評判は、あなたの提供するサービスに直接つながるので特別な資産となります。

また、特定のタイプの専門知識に対するあなたの評判には、もう一つの利点があります。 最近の研究では、実際に紹介を受ける可能性が劇的に高まることがわかっています。

3. 専門家には優位性がある

経営コンサルティング会社にとって新規事業開発は特に優先度の高い課題です。可視性の高いエキスパートは、より多くのリードを生み出し、市場での信頼性を高めることで、より多くの売上を上げ、成長させることを容易にします。(可視性の高いエキスパートとは知名度と人気があるエキスパートのこと)

4. あなたのブランドは現実に根ざしたものであるべき

自分のブランドに壮大なビジョンを描くことはよくあることですが、ブランディングは現実に根ざしたものであるとを理解することが大切です。

「現実」とはどういう意味でしょうか?まず、あなたの顧客、見込み客、業界のインフルエンサーを徹底的に調査することから始めましょう。その後、競合他社についても調査しましょう。

私たちのほとんどは、客観的に見るにはブランドに近すぎます。だからこそ、ブランディングの決定は、意見ではなく経験的な証拠に基づいて行うことが非常に重要なのです。そうすれば、あなたのビジネスのニーズに真に応えるブランドを作ることができます。

5.真の差別化要因に基づいてブランドをポジショニングする

経営コンサルティング会社にとって、リサーチは、ブランディングを市場の現実に即したものにするだけでなく、自社を他の企業とは一線を画す新たな差別化要因を特定したり見つけたりするのにも役立ちます。

リサーチの過程では、以下のような質問をしてみましょう。これらの質問への回答は、あなたの新しいブランドを構築するための差別化要因を特定するのに役立ちます。

  • 今日、クライアントはどのような問題に直面しているのか?
  • 彼らは何について話しているのか?
  • 競合他社は何を専門としているのか?
  • あなたの市場には、満たされていないニーズがあるのか?

これらの潜在的な差別化要因の中には、あなたがすでに持っている資質であるかもしれませんが、マーケティングの中で強調する必要があります。また、他の差別化要因となる可能性もあります。例えば、満たされていないニッチに特化したり、斬新なビジネスモデルでサービスを提供したりする機会があるかもしれません。

いずれにしても、あなたの差別化要因は3つのテストに合格しなければなりません。

1)他と圧倒的に異なる
2)あなたのターゲットオーディエンスに関連性がある
3)証明可能である

クライアントのニーズを満たすことができるような方法で、自分とは違うことを証明することができれば、成功への道が開けるでしょう。

6. ブランドのポジショニングを、すべてのコミュニケーションツールや教育コンテンツに反映させる。

ブランドとは、ロゴやタグライン以上のものであることは、もうお分かりでしょう。ブランドはあなたの会社の魂であり、その役割を果たすためには、あなたが行うすべてのこと、特に公共のメッセージングや教育コンテンツにブランドが浸透している必要があります。

プロフェッショナルサービス企業のためのブランド構築戦略トップ5

聴衆とコミュニケーションをとり、教育するためのさまざまなチャネルについて考えてみましょう。これらには以下のようなものがあります。

  • ウェブサイト
  • マーケティング資料
  • ニュースレター
  • ブログ

これらのマーケティングチャネルの一つ一つが、基本的にブランディングのアイデアに沿ったものでなければなりません。ブランディングのガイドラインに沿って、一貫性のある方法で自社のことを語る必要があります。そうでなければ、聴衆はあなたが何者で、何を言おうとしているのか混乱してしまいます。

7. 時間をかけて複数のチャンネルでブランドの知名度を高める

結果を出すには時間がかかります。あなたの専門性を強化するためにはさまざまなツールの使用をお勧めします。検索エンジン最適化は、あなたのウェブサイトに訪問者を引き寄せるためにターゲットを絞ったキーワードを使用するのに役立ちます。ソーシャルメディアは、オーディエンスと直接関わりを持ち、自社のブランドに沿った方法でコミュニケーションを取るのに最適な方法です。

ブランド主導のコミュニケーションはオンラインだけではありません。人前で話す、記事を書く、セミナーを開催することで、あなたの専門知識の知名度を高め、ブランドを確固たるものにすることができます。

専門家のためのパーソナルブランディング戦略

まとめ

これら7つのブランディングのアイデアはすべて連動し、お互いに強化し合うことで、知名度と成長という蓄積された効果を得ることができます。戦略的かつ意図的なブランディングを行うことで、あなたの会社を際立たせ、優位に立たせることができます。