社内コミュニケーションを作るための5つのヒント

こんにちは。木下賢一です。

企業と従業員の間の効果的なコミュニケーションにより、企業は従業員のユニークな知識、洞察力、才能を十分に活用することができます。

多くの場合、よりオープンな議論をすることで、企業内に強固なコミュニティが形成され、従業員は自信と喜びを感じ、それぞれの役割において期待以上の成果を上げることができるようになります。

今回は、企業が社内のコミュニケーションを改善する方法をご紹介します。

社内コミュニケーションを作るための5つのヒント

1. チャットツールの会話を可能にする

従業員がアイデア、情報、質問を交換する新しい方法を作りましょう。チャットルームやリストサーブは、会社、部署、チームレベルで特に有効です。これらは、仲間に答えを求めたり、同僚間のつながりを強化したり、知識の伝達に役立ちます。

2. 水平方向のコミュニケーション(ピアツーピア)と垂直方向のコミュニケーション(従業員とマネージャー)の両方を改善する。

社内コミュニケーションツール、Slackなどのインターネットリレーチャット(IRC)サービスは、ピアツーピアのコミュニケーション、つまり水平方向のコミュニケーションを向上させます。あらゆるレベルのワーカー(垂直的コミュニケーション)では、各個人が自分にとって重要な問題やトピックについて発言力を持つことができます。

これにより、オーナーやマネージャーは、チームメンバーが時間とエネルギーを費やして、ビジネスの利益につながるアイデアをブレインストーミングしたり、顧客サービスを改善したり、タスクを増やしたりすることで、より説明責任を果たすことができるようになります。

3. 予算を計画する

内部コミュニケーション・プログラムを成功させるためには、企業のコミュニケーション・マネージャーはリソースを必要とします。有意義な予算を設定するために、組織は、従業員がお互いにより強い関係を築き、懸念や建設的なフィードバックを共有し、仕事に役立つ情報を発見する能力に投資しないことの弊害を評価し、考慮しなければなりません。

ここでは、いくつかのことを考えてみましょう。

・従業員の離職率の最近のコスト
・顧客のロイヤルティとリテンション、そして顧客サービスチームの効果
・従業員のエンゲージメントと士気、またはその欠如
・製品やサービスの品質と開発

すでに持っている社内イントラネットのウェブフォームだけでは不十分かもしれません。人々が現在、従業員の提案のためにそれらを使用していない場合、従業員からの提案を収集し、レビューするための新しい方法に投資することで、従業員に強力なメッセージを送ることができます。

4. 社内コミュニケーションの効果とインパクトを測定する

多くの場合、成功した内部コミュニケーション・キャンペーンは、長期的にはコストをはるかに上回るリターンを提供します。このような結果を実証するために、マネージャーが内部コミュニケーションの効果と影響を検証するための3つの方法を紹介します。

・生産性、売上、利益の最近の変化を分析する
・従業員の幸福度や仕事のやりがいに関する調査を実施
・最新のスタッフ定着率を見直す

5. リーダーシップを発揮して変化を起こす

ほとんどの組織では、従業員はリーダーシップの手本に従っています。変化を生み出すためには、経営幹部、取締役、管理職は、知識の共有、透明性、労働者のエンゲージメントの手本にならなければなりません。専任の担当者は、内部コミュニケーション担当者などのアドバイスや指示を与えることができます。

まとめ

企業が全社的な会話をサポートするためのプラットフォームを構築したり、ライセンスを取得することで、従業員は仕事がうまくいくようになります。水平方向と垂直方向のコミュニケーションが改善されると、企業は従業員からより多くのフィードバックを受けることができます。

間もなく、従業員のパフォーマンスの向上、エンゲージメントの向上、定着率の向上などの成果が表れてくるでしょう。しかし、変化を確実に起こすためには、経営陣が参加し、スタッフ全員が同じように行動するように働きかける必要があります。