すべてのマーケターに必要な4つのアナリティクススキル

こんにちは。木下賢一です。

データはマーケティングプロセス全体の推進に役立ちます。努力が功を奏しているかどうかを確認したり、顧客が何に反応しているかを追跡したり、その他にも多くのことを知ることができます。

アナリティクスのスキルはマーケターにとって必要不可欠です。データがなければ、目隠しをして運転しているようなものです。

今回は、すべてのマーケターの武器の一部となるべき4つのスキルをご紹介します。

 

すべてのマーケターに必要な4つのマーケティングアナリティクスのスキル

1.意思決定プロセスに影響を与える顧客データの解釈

あなたの顧客が何をして、何と交流するかなどのデータが、あなたのマーケティング戦略の成功の鍵です。それらのインタラクションからデータを引き出し、顧客が何を伝えようとしているのかを解釈が求められます。

顧客は製品のビデオを見るのが好きなのか、それともブログ記事のスクリーンショットを好むのか。データが正しい方向に導いてくれます。

2.データサイエンスを知り、理解する

データサイエンスとは、自動化された方法を使って大量のデータを分析しそこから知識を抽出することです。熟練したマーケッターは、膨大な量のデータから探しているインサイトを見つけ出し、分類する能力が必要です。

3.データを使ってストーリーを語る方法を知る

数字とデータは目標を達成したかどうかを教えてくれます。

マーケティング担当者は、収集したデータをどのように活用し、何が起こったのか、なぜそれが起こったのかをわかりやすく説明するストーリーに変換するかを知っておく必要があります。

あなたの事業関係者があなたの方を向いて「なぜこのキャンペーンはうまくいったのか」と尋ねてきたとき、あなたの答えは「私たちは本当にクリエイティブなソーシャルキャンペーンを計画した」だけではなく、もっと徹底したものでなければなりません。

4.データの可視化を理解する

データの可視化は、同僚や上司、顧客が読みやすいフォーマットです。

これらのデータは、インフォグラフィックスからチャートまで何でも構いません。デザイナーと協力して、データに命を吹き込む方法を見つける必要があります(または自分でやることもできます)。