成功するために必要な12のマーケティングスキル

こんにちは。木下賢一です。

マーケティングの世界は進化しています。あなたのコンテンツが群衆の中で際立つようなマーケティング戦略を立てるためにはスキルが必要です。

今回は、マーケターがツールボックスに入れておくことを検討すべきトップスキルのリストをご紹介します。

記事をご覧になるメリットは次の通りです。

  1. 成功者共通のスキルがわかります。
  2. ご自身に足りないものが何かが明確になります。
  3. 豊富な知識で信用されるプロフェッショナルになれます。

すべてのマーケターの履歴書に記載すべき12の基本スキル

1.上手に書く力

ライティングは、マーケッターが行う他のすべてのことの基礎となるものです。強力なライティングスキルがなければ、他のすべてのことがうまくいかなくなります。広告コピー、ソーシャルメディアの投稿、プレスリリースなどを作成する際には、必ずライティングが必要になります。常に自分のメッセージを総合的に伝えることができなければなりません。

3-5 個人事業主用、セールスレターの書き方。そのまま真似して効果200%UP

2.社内コミュニケーションスキル

マーケターとして、あなたはターゲットオーディエンスとコミュニケーションをとるだけではありません。同僚や上司とのコミュニケーションも重要です。マーケティングチーム内で明確で一貫性のあるメッセージを発信し続けることで、より多くの仕事をこなすことができ、他のチームメンバーがプロジェクトを軌道から外れてしまうことを心配する必要もありません。

同僚とのコミュニケーションに加えて、上司や上層部とのコミュニケーションも必要です。自分のプロジェクトを説明し、彼らが持つであろう質問や懸念事項を事前に予測することができますか?

社内コミュニケーションを作るための5つのヒント

3.対人コミュニケーションスキル

対人コミュニケーション能力は、社内コミュニケーション能力と密接に関係しています。しかし、このスキルは、何を言われたかではなく、どのように言われたかに焦点を当てています。

現実には、人間は皆人間ですから、意図しているかどうかに関わらず、常にコミュニケーションをとっています。マーケターとしては、周囲の人たちと、自分が意図的に言っているのか、意図せずに言っているのかを常に意識しておく必要があります。

4.自信を持ってパブリックスピーカーになる

プレゼンの最中に上司やクライアントの前に立っていても、ライブの記者会見をしていても、人前で話すことは避けられません。このような場合には、「自分のプロジェクトや製品を簡単に伝えることができるようにしなければならない」ということになります。このように、あなたの話に自信を持っているように見えれば、聴衆も自信を持って話してくれるでしょう。

より良いパブリックスピーカーになるための5つの簡単な方法

5.生涯学習の姿勢を保つ

すべてのマーケターの履歴書に記載すべき基本的なスキルは、生涯学習の姿勢を保つことです。マーケターとして、私たちは常に新しい広告戦術やターゲットオーディエンスについて発表された調査報告書であろうと、新しい情報を取り入れています。

言い換えれば、新しいことを学ぶという私たちの仕事に終わりはありません。あなたは自分自身をオフに閉じて、あなたが知っていることがあるすべてのものを知っていると思う分、あなたは後れを取ってしまうでしょう。

生涯学習に参加する10の簡単な方法

6.整理整頓

整理された状態を維持することで、あなたとあなたのマーケティングチームのメンバーは、何が来るのかを見て、事前に計画を立て、大きなリスクを回避することができます。

7.目標を設定する方法を知っている

CEOの73%は、マーケターは “ビジネス上の信頼性と大きな成長を生み出す能力を欠いている “と考えています。

つまりマーケターを、隅っこで可愛い絵を描いているだけで、何もしていない人だと見なしているのです。ですのでマーケターもビジネス目標に直接影響を与える目標を設定しなければなりません。あなたのビジネスに直接かつポジティブな影響を与える目標を設定することで、あなたの能力を示すことができます。

8.目標・戦略・戦術の違いを理解する

マーケティングには、目標、戦略、戦術が密接に関係しているため、それらを混同してしまいがちです。しかし、この3つの区別を見分けることができれば、マーケティングのプロセスの中で、どれか1つでつまずかないようにすることができるようになります。

目標とは、指定された期間の終わりまでに満たす必要があるマーケティングチームによって設定された目標のことです。戦略とは、目標を達成する方法の概要を説明するさまざまな戦術で構成された組織的な計画のことです。一方、戦術とは、目標を達成するためのステップのことです。

9.アクティブリスナーになる

マーケッターは積極的に聴く力が必要です。顧客や同僚を無視している余裕はありません。積極的に周囲の人の話に耳を傾けるということは、彼らが聞きたいメッセージを見つけることができるということです。そうすることで、キャンペーンを完璧なものにし、より多くの人を有料の顧客に変えることができるようになります。

【アクティブリスニング】 人々が本当に言っていることを聞く

10.複数のチームをまたいでコラボレーションする方法を知る

プロジェクトを完成させるためには、複数のチームにまたがってコラボレーションを行う場合があります。これは、開発者、ビデオチーム、プロダクトチームなどとの共同作業を意味します。このようなチーム横断的なコラボレーションは、一つのプロジェクトに関わるすべての人が常に同じページにいるように、管理とコミュニケーションの方法を知っている必要があります。

11.すべてを研究する

マーケティングとは、時に、戦略的な直観と、他の人が何をしているかを見るための調査のことを指します。成功しているマーケッターは、現在のトレンドや戦略を調査し、自社に最適なものを見つけ出すことができます。

12.新しいことに挑戦する寛容さ

マーケッターのツールベルトに入れておくべき最後の基本的なスキルは、新しいことを試してみるというオープンさです。マーケティングの一部は、新しいことを試してみて、それがうまくいくかどうかを確認することです。何かがうまくいくかどうかは、やってみないとわからりません。もしかしたら、あなたの次の素晴らしいマーケティング戦術は、あなたがまだ試したことのないものかもしれません。

まとめ

プロフェッショナルは生涯、最後まで努力を怠りません。