マーケターが必要とする11のテクニカルスキルとツール

こんにちは。木下賢一です。

マーケティングとテクノロジーはますます絡み合ってきていますが、それは主にマーケッターとしてのプロジェクトの多くがツールなしでは完了しないからです。

そこで今回は、すべてのマーケターが持つべき11のツールと技術的スキルをご紹介します。

マーケターが必要とする11のテクニカルスキルとツール

1.コーディングの基礎知識

すべてのものがオンラインに移行する中で、コーディングの知識が、マーケッターにとって不可欠な基本的なスキルになりつつあります。背景にあるコーディングの知識を持っていると、開発チームに必要なものを伝えることができ、ちょっとした修正を自分で行うこともできます。

手始めに、HTML と CSS でハンズオンの経験を積むことに集中しましょう。基本的な概念を理解できるようになることで、開発チームとのコミュニケーションが可能になり、あなたが欲しいものを正確に説明することができるようになります。さらに、何ができるか、何ができないかの限界を理解することができます。

2.Google Analyticsでウェブサイトの内部データを収集する

Googleアナリティクスは、顧客を追跡する方法を提供しています。このツールは今や企業のマーケティングスタックの中では当たり前のものとなっているため、Google Analyticsの基本的な理解はマーケッターにとって不可欠です。Googleには、その使い方やインサイトの抽出方法についてのフルコースも用意されています。テストを修了すると、Googleアナリティクスの認定資格まで取得することができます。

3.Google Data Studioでカスタムダッシュボードとレポートを構築する方法を知る

Google Analyticsで収集したデータは、カスタマイズ可能なダッシュボードやレポートに簡単に変換でき、同僚や上司と共有することができます。手動で何度も同じデータを収集するのではなく、Google Data Studioがすべてを代行してくれます。

4.ソーシャルメディア・パブリッシングツールを使ったコンピテンシー

ソーシャルメディアパブリッシングツールは、マーケッターの生活を楽にしてくれます。適切なソーシャルメディア公開ツールがあれば、ソーシャルメディアのマーケターは、1つのツールからソーシャルメディアの投稿やキャンペーンのあらゆる部分を計画、整理、作成、公開、分析することができるはずです。

5.エディトリアル・マーケティングカレンダーツールの使用経験

マーケティング活動には、どこかに拠点が必要であり、そこにマーケティングカレンダーと編集カレンダーを置きます。これらのカレンダーは、チームがどのようなプロジェクトに取り組んでいるのか、そのプロジェクトでどのような役割を果たしているのか、パイプラインの下で何が起こるのか、その全体像を把握するためのものです。

6.コンテンツ管理システムの使い方を知る

CMS(コンテンツマネジメントシステム)とは、Webサイトのコンテンツを管理・更新できるようにするツールです。自分でコンテンツを作成・運営することに不安を感じることがあるかもしれませんが、これらのツールは、誰でも使い方を理解できるほどシンプルなものであることが多いです。
ワードプレスについて

7.SEOツールの使い方を知る

正しく行われていれば、SEOはあなたのウェブサイトとデジタルコンテンツをオーガニック検索で上位表示するのに役立ちます。Googleのクローラー任せのみで上位検索させることは難しいため戦略的な計画が必要です。SEOツールは、あなたのページを1位にするために必要な知識を提供するのに役立ちます。

8.顧客対応管理ツール

顧客管理は大変です。しかし、ビジネスの成功のためには必要なことです。CRMツールは顧客がどこにいるかを追跡し、彼らとの接触を維持するのに役立ちます。

次のツールは、あなたが始めるのに役立ちます。
セールスフォース
ハブスポット

9.マーケティング分析ツール

ご存知のように、グーグルアナリティクスは、マーケティングの成功を見極める上で非常に重要な要素です。アナリティクスツールは、自動的にデータを収集してくれるので、成功プロセスを短縮するのに役立ちます。

10.フォトショップの基本的なスキル

マーケティング担当者が履歴書に記載すべきもう一つのテクニカルスキルは、Photoshopの基本的なスキルです。Photoshopには多くの柔軟性があり、基本的なことに取り組むことができれば、あなたとデザイナーの時間を節約することができます。

11.ヒートマッピングツール

ヒートマップツールは、マーケティング担当者がウェブサイトの周りで何がオーディエンスの目を引きつけているかを把握するのに役立ちます。視聴者の目がどこに行くのかを把握することで、視聴者が最も反応しやすい場所に戦略的にメッセージを配置することができます。